新築住宅を施工する事業者の皆さんへ
新築住宅を請け負うときは組合に相談・申し込もう
全建総連・新築瑕疵担保責任保険団体制度 (ゆうゆう住宅)とは、全建総連が住宅保証機構㈱と提携し、「特定団体」として住宅瑕疵担保履行法に対応した高耐久・高品質な戸建木造軸組住宅のことです。住宅保証機構㈱が運営する住宅瑕疵担保責任保険「まもりすまい保険」の特定住宅に該当し保険が適用されます。ゆうゆう住宅のメリットは、組合員のみが利用でき、保険料も一般住宅よりも割安です。

全建総連・新築瑕疵担保責任保険団体制度 (ゆうゆう住宅)保険料のめやす
(資格確保義務のある建設業者の中小事業者コースで基本契約の場合)

住宅の床面積
全建総連・新築瑕疵担保責任保険団体制度 (ゆうゆう住宅)
①保険料+現場検査手数料
(2回目屋根完了検査)
一般住宅
 100㎡未満
38,890
63,560
 100㎡以上125㎡未満
42,570
70,230
 125㎡以上150㎡未満
49,970
83,640
150㎡以上180㎡未満
55,200
92,730
 180㎡以上
65,490
111,270

※上記の保険料に第1回現場検査(基礎配筋検査)が別途かかります。


第1回現場検査(基礎配筋完了検査)はこの3パターンから選べます。

団体検査【第三者検査】
検査料は 12,000円
群建連の団体検査員による検査(従来通りの検査方法)


団体自主検査【自社で行う検査】
検査料は 0円
団体検査員が自社の現場を申込む検査


住宅保証機構の現場検査
検査料は 床面積ごとに異なります
住宅保証機構の検査員による検査



住宅品質確保法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任の範囲が保険の対象となります。

各種制度およびサービスのご利用につきましては当組合の加入が必要となります。
>>詳しくは群建連までお問い合わせ下さい。

ゆうゆう住宅及びまもりすまい保険の詳細については、下記ホームページをご覧下さい。

ゆうゆう住宅
まもりすまい保険
増改築相談員制度
群建連は増改築相談員制度の研修会実施団体として登録をしています。

増改築相談員とは
増改築相談員は、住宅をリフォームすることを考えている消費者からの相談に誠実に対応するとともに、必要に応じて積極的に助言などを行い、住宅のリフォームの健全な普及を促進します。また、消費者の要請に応じて、住宅リフォームの具体的計画や見積り等を行います。現在、全国で約18,000人の方が増改築相談員として公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターに登録をしています。


※詳細は、公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターホームページをご覧下さい。
>>http://www.chord.or.jp

各種制度およびサービスのご利用につきましては当組合への加入が必要となります。
>> 詳しくは、群建連までお問合せください。